インデックス投資で暴落が来たらどうすべきか?【対処法は3つ】

インデックス投資
くまさん

インデックス投資で暴落が来たらどう対処したらいいの?

うしくん

インデックス投資してるけど、暴落が来ないか不安・・・

 

この記事では、上記のような疑問にお答えします。

 

本記事のポイント

・インデックス投資で暴落が来たときの対処法
・暴落をやり過ごすにはメンタルが重要
・暴落はインデックス投資では大チャンス

 

「インデックス投資において、暴落が来たらどうすべきか・・・・」

初心者でこのように思っている人は多いのではないでしょうか?

率直に言って、インデックス投資の暴落の対処方法は他の投資に比べて割とシンプルです。

この記事では、暴落のときどうすべきか、ということについて分かりやすく解説しています。

 

マンモス
マンモス

はじめまして!マンモスです。
投資歴15年、インデックス投資は現在8年間継続中です。

2021年4月に資産3000万円を達成しました。
そんな私が「インデックス投資で暴落が来たらどうすべきか?【対処法は3つ】」を解説します。

 

この記事で解説している内容は、利益を保証するものではありません。
投資は自己責任でお願いします。

 

インデックス投資で暴落が来たらどうすべきか?

インデックス投資で暴落がきたときの対処方法は3つあります。

①無視する
②リバランスする
③損切りする ← あまりおすすめはしない

 

まず前提として、インデックス投資は超長期スパンでは株価は上昇し続ける、という考えのもとに投資を行います。

 

くまさん
くまさん

この前提はインデックス投資をするうえで、非常に大事なことです。
この前提のもとにインデックス投資をしているか、していないかで明暗が分かれます。

 

 

※インデックス投資の利回りは、暴落込みで年利5~8%程度になります。

詳しくは、下記の記事をご覧下さい。

 

 

 

上記のような前提があるため、数年程度の株価下落など取るに足らない出来事なのでです。

また、下落時に積み立て投資、スポット購入することで平均取得価格が下がるため、暴落前の価格に戻らなくても、利益がでるような状況になりえます。

 

上記のことから、暴落した際の対処は基本的に買い増しです。

③損切りについては例外的な場合にします。

 

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

 

対処法① 無視する

株式市場の歴史において、様々な理由で暴落、バブル崩壊が起こってきました。

しかし、それ込みでもインデックスファンドの積み立て投資を行っていれば利益になりました。

過去の歴史において、概ね5年程度の保有期間でほとんどの場合に利益になり、さらに15年程度保有することで実質的な損失がなくなるという結果になっていたのです。

 

※保有期間と勝率については、下記の記事をご覧下さい。

 

上記のことより、暴落やバブル崩壊は基本的に無視でOKです。

無視して普段通りの投資戦略で問題ありません。

 

マンモス
マンモス

投資初心者で初めての暴落の場合、ものすごく不安になると思います。
しかし、我慢して耐えましょう。
何度か耐えることで、慣れます。
私自身はリーマンショック以降の暴落を全て経験してますが、もう慣れて何も感じません。
むしろ、バーゲンセールだと思って普段よりテンションが上がります。

 

ただ、無視といっても初心者にはなかなか難しいかもしれません。

 

そこで、暴落が来た時に以下のことを考えてみて下さい。

※できれば、暴落が来る前に考えておくのが理想的。

①暴落で資産価値が減少したけど、それが今の生活に影響あるのか?
②暴落したことで、金銭的な意味で生活レベルは下がるのか?
③暴落したことで、今後5年以内の生活に影響があるのか?

 

おそらく、資産価値が減少しただけでは、生活に何の影響もないのではないでしょうか?

毎月の収支が黒字である限り、生活に影響はないですよね。

 

くまさん
くまさん

生活に影響が無いのに、焦る必要ある?
こう考えることで、「一時的な暴落とか、割と大したことないな」と思えるよ!

 

ただ、注意してほしいのが、ここで生活に影響がある場合です。

その場合、明らかにリスク許容度をオーバーして投資していることになります。

そうならないためにも、事前にリスク許容度を意識した投資をすることが大切です。

 

※リスク許容度については、以下の記事にて解説しています。

 

 

 

対処法② リバランスする

暴落を利用してリバランスするという対処法もあります。

リバランスとは、資産全体の構成比率を見直すことです。

リバランスは、はじめにベースとなる資産比率を決めておき、それがずれたら元の比率にもどす、というイメージです。

例えば、投資80%、貯金20%をベースとする場合、株価の暴落が起こると投資60%、貯金40%のように変化します。

ここでベースの投資80%、貯金20%に戻してやることが資産のリバランスになります。

リバランスするためには、事前に基準となる比率を決めておく必要があるため、その点は注意しましょう。

 

また、暴落時のリバランスとは、株価下落により貯金以外の資産価値が下落することになります。

つまり、現金比率が上がります。

よって暴落時のリバランスは、買い増しを意味します。

 

リバランスのメリットは、資産の買い増し、売却の基準が、ベースとなる資産比率からのズレとなり、売買判断を自動化できることです。

判断を自動化できれば、迷いもなくなり心理的負担が減るため、投資での失敗が減ります。

そういう意味でも、暴落時の対処としてリバランスすることがおすすめです。

 

※もっと詳しいリバランスについての解説は、以下の記事をご覧下さい。

 

※暴落時のリバランスは買い増しすることになります。
以下の記事でおすすめの買い方を解説しています。
また、この記事で私が実際に暴落時に買ったときの結果も公開しています。
参考にどうぞ。

 

対処法③ 損切りする(あまりおすすめしない)

暴落時の対処として、あまりおすすめはできませんが損切りも選択肢に入ります。

 

インデックス投資において、損切りは推奨しません。
なぜなら、インデックス投資は保有期間が長くなるほど勝率が上がり、損切りはそれと真逆のことをするからです。
インデックス投資において、損切りは自ら勝率を下げる行為と言えます。

 

損切りをしなければいけないのは下記のポイントを満たす場合です。

①前提条件である、将来も株価が上がり続けるということを信じられなくなった。
②生活に即座に影響があり現金が必要

 

①について

暴落で世間の総悲観にのまれてこのような考えに至ったのであれば、一旦冷静になりましょう。

もし、頭を冷やし、この先数十年レベルで株価が上がり続けることはない、と考えるのであればしょうがありません。

損切りしましょう。

 

くまさん
くまさん

ただ、これまで戦争、ウイルス、金融危機、テロなどが原因で何度も株価暴落しましたが、その度に復活しています。
特にアメリカは最高値を更新し続けてます。
このことは覚えておきましょう。

 

②について

即座に現金が必要であれば、しょうがないので損切りしましょう。

しかし、このようなことは多くの場合、リスク許容度をオーバーした投資が原因です。

こうならないためにも、逐次リスク許容度の見直しが必要です。

 

暴落をやり過ごすにはメンタルが重要

暴落をやり過ごすのにもっとも重要なことは、インデックス投資のセオリーや戦略でなくメンタルです。

インデックス投資に限らず、投資ではメンタルが非常に重要と言われます。

なぜなら、どんなに優れた投資戦略でもメンタルに起因する判断ミスであっさり破綻するからです。

そのため、当初の予定通りに行動するためには、どんな状況にも動じないメンタルが必要になるわけです。

 

暴落は何度か経験すれば慣れる

初めての暴落であれば、初心者はどう立ち回ってよいのか不安になることと思います。

また、当初予定していた投資計画をあっさり破ってしまうことでしょう。

 

マンモス
マンモス

初めての暴落であれば、余程肝の据わった人でなければ、動揺して当初思い描いたとおりに行動できないのは当然です。
損切りに失敗したり、売るはずのなかった株を売ったりしても気にしなくいいです。
ただし、暴落のときの自身の感情、不安、経済ニュースの雰囲気、投資家の反応などはしっかり記憶しておきましょう。
それは次回の暴落のとに役立ちます。

 

初めての暴落を経験したときに失敗しても気にしないで下さい。

ただし、なぜ失敗したのかしっかり覚えておき、次に活かしましょう。

 

また、メンタル起因での失敗以外に注意したいのが、「リスク許容度が適切か?」ということです。

投資はリスク許容度の範囲内ですることが大事です。

投資を始めた当初は、暴落を経験したことがないため、ややあまいリスク許容度で投資をしている可能性もあります。

もし暴落を経験し、少しでもリスク許容度をオーバーして投資している、と感じるならリスク許容度を見直しておきましょう。

 

うしくん
うしくん

例えば、生活防衛資金の割合を増やすとかね。

 

マンモス
マンモス

暴落については、何度か経験すれば慣れます。
人間、大抵のことには慣れますからね・・・・
私自身はもう投資歴15年なので、暴落がきても、「ああ、またか・・・」

くらいにしか感じません。
「どうせ、無視してれば数年後には高値更新するだろ・・・」くらいにしか考えてません。
個別株を取引きしていれば、不景気で倒産のリスクもあります。
ただ、インデックス投資であれば、暴落を「無視」するという選択肢があり、個別株中心の投資家に比べ、メンタル的に楽です。

 

 

株価が気になるなら情報はシャットアウトすることも必要

暴落がきて、メンタル的にきついのであれば、SNSや経済ニュースなどシャットアウトすることをおすすめします。

 

くまさん
くまさん

世間が総悲観になっていると、自分もその雰囲気

にのまれちゃうよ。
そうならないためにも、情報を意図的にシャットアウトしよう!

 

マンモス
マンモス

インデックス投資家は、正直暴落とか関係ないです。
なので、ニュースとか、個人投資家の総悲観とか全部無視です。

 

暴落はインデックス投資では大チャンス

暴落はインデックス投資家にとっては大チャンスです。

インデックスファンドが普段の20%~30%の割引状態になるからです。

ここで買えるかどうかで、利益に大きく差がでます。

 

初心者にとっては暴落時に買い増しするのは難しいかもしれません。

しかし、余裕があるのであれば買増しをおすすめします。

 

マンモス
マンモス

インデックス投資の前提を思い出して下さい。
インデックスは一時的に暴落しても、長期スパンで株価が上がることを前提としています。
いずれ回復するのであれば、暴落時のバーゲンセールのときに資金の一括投入が合理的です。

 

精神的にきついのに無理に買う必要はありませんが、数年に一度のチャンスであるということも覚えておきましょう。

これを知っておくだけで、不安もある程度はまぎれます。

 

まとめ

「インデックス投資で暴落が来たらどうすべきか?【対処法は3つ】」のまとめです。

 

インデックス投資で暴落が来たときの対処法
①無視する
②リバランスする
③損切りする・・・あまりおすすめはしない
暴落をやり過ごすにはメンタルが重要
暴落は利益を増やす大チャンス

 

インデックス投資において、暴落はそう恐れる必要はありません。

しかしそうは言っても、初心者にはなかなか厳しいのではないかと思います。

実際に暴落を乗り越えていくことで、投資家としてのレベルアップができるため、諦めず頑張りましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました