【2022年版】セミリタイアを目指すためのポートフォリオ公開!

ポートフォリオ公開
マンモス
マンモス

セミリタイアを目指している私のポートフォリオを公開します。

 

2022年のポートフォリオです。

※不定期でこのページを更新予定です。

他の投資系ブロガーさんは毎月更新されてたりしますが、当サイトでは不定期更新とします。

不定期な理由として、

・投資スタイルがインデックス投資のため、あまり変化がない。

・頻繫に売買していない

・私自身が毎月の資産増減をあまり気にしていない

 

 

※プロフィールには、これまでの実現損益と投資経歴を載せてます。

 

※ポートフォリオ公開カテゴリーの記事一覧

 

2021年末のポートフォリオ

まずは、前年末のポートフォリオを公開します。

 

・投資信託、ETF

上記以外でTQQQを3株保有。

 

・仮想通貨

・ビットコイン → 約0.32BTC

・リップル → 1000xrp

・イーサリアム → 0.63ETH

 

・現金

→約1027万円

 

資産構成比率(2021年末)

資産評価額構成比率備考
VT\17,462,66651.97%コア
現金\9,805,14229.18%
ビットコイン\1,743,4875.19%宝くじ枠
GLD\1,454,5944.33%サテライト
楽天VT\892,1502.66%コア
CXSE\737,7802.20%サテライト
楽天VTI\616,5661.84%コア
米ドル\467,5381.39%
イーサリアム\265,7070.79%宝くじ枠
リップル\95,0000.28%宝くじ枠
TQQQ\59,0220.18%宝くじ枠
合計\33,599,652100.00%

 

 

2022年のポートフォリオ

2022年2月のポートフォリオ

2021年末を基準に150万円程度ドローダウン中。

 

・投資信託、ETF

2022年2月ポートフォリオ

 

上記以外でTQQQを6株保有。(サクソバンク証券)

※2021年に3株買っていたが、1:2で分割された。

 

・仮想通貨

・ビットコイン → 約0.32BTC

・リップル → 1000xrp

・イーサリアム → 0.63ETH

 

・現金

→約935万円

 

資産構成比率(2022年2月)

資産評価額構成比率備考
VT¥17,142,37153.57%
現金¥9,349,60329.22%
GLD¥1,734,3305.42%
ビットコイン¥1,474,0784.61%宝くじ枠
楽天VT¥816,7822.55%
CXSE¥791,5372.47%
米ドル¥224,5600.70%
イーサリアム¥201,7280.63%宝くじ枠
eMAXIS Slim 全世界株式¥106,1970.33%
リップル¥90,5830.28%宝くじ枠
TQQQ¥35,9950.11%宝くじ枠
CWEB¥32,6080.10%宝くじ枠
合計¥32,000,372100.00%

 

22年2月のグラフ

 

 

2022年4月のポートフォリオ

・投資信託、ETF

楽天証券保有分

楽天証券4月評価損益

マネックス証券保有分

マネックス投信4月

マネックス米株4月

 

上記以外でTQQQを6株保有。(サクソバンク証券)

※2021年に3株買っていたが、1:2で分割された。

 

・仮想通貨

・ビットコイン → 約0.32BTC

・リップル → 1000xrp

・イーサリアム → 0.63ETH

 

・現金

→約732万円

 

資産構成比率(2022年4月)

資産構成比率構成比率備考
VT¥18,604,03557.75%
米ドル¥5,125,75515.91%
GLD¥2,263,4897.03%
現金¥2,198,0516.82%
ビットコイン¥1,589,8064.94%宝くじ枠
楽天VT¥881,9762.74%
CXSE¥654,2692.03%
eMAXIS Slim 全世界株式¥320,1680.99%
イーサリアム¥225,8200.70%宝くじ枠
GLDM¥197,7270.61%
リップル¥84,3220.26%宝くじ枠
TQQQ¥29,2650.09%宝くじ枠
SPXL¥23,6620.07%宝くじ枠
CWEB¥15,4400.05%宝くじ枠
合計¥32,213,785100.00%

 

ポートフォリオ4月分

 

 

アセットアロケーション

アセットアロケーション4月

 

4月資産については、2月より微増となった。

ただ、ドルベースで見るとマイナス幅は大きい。

円安の影響で円ベースの資産が増えた。

ピーク時には、評価損益(楽天)が400万円まで上昇し、それが227万まで減った。

 

2022年の売買履歴

1月~2月の売買履歴

・ETFの売買履歴

2022年2月購入ETF

 

・投信の売買履歴

2022年2月購入投信

・その他

上記以外で現金-90万円。

※2021年分の確定申告による所得税。

会社の給与と証券会社の特定口座以外の収入(約435万円)に対しての税金で、仮想通貨、金現物などで得た利益。

ただ、ほぼ仮想通貨による利益です。

(2021年の仮想通貨の実現損益は433万円程度)

まだ住民税の支払いがあり、通知は来ていないものの、税率10%なので43万円くらいは払う予定です。

ただ、今回確定申告というものを始めてやり、かつ、ふるさと納税も去年初めてやったので、正確にどのくらい払うのかということはよく分かりません・・・・

 

 

3月~4月の売買履歴

楽天証券での取引(ETF購入)

楽天証券ETF4月取引

・上記以外でドル転50万円(レートは129円くらい)

 

マネックス証券での取引(ドル転とETF購入)

・200万円を120.32円でドル転

・250万円を123.13円でドル転

・VTを94.7800ドルで1904.98ドル分購入

マネックス証券4月取引

 

・投信の売買履歴

・3、4月にマネックス証券でeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を5万円づつクレカ積み立て投資。(計10万円)

 

・楽天で以下の投信購入

楽天証券4月投信取引

 

3、4月で売却はなし。

主にVT、オルカン、金ETFの購入をしました。

金ETFについては、はじめはGLDを購入していたものの、途中からGLDMのほうがコストが安いことに気づき、GLDMを購入することとしました。

3,4月は株価については特に思うことなしです。

ただ、急速な円安については、どうしたものかと割と悩みました。

個人投資家以前に一人の日本人として、資産防衛、生活コストに影響する問題だからです。

その結果、

120円くらいで200万円分、

123円くらいで250万円分、

129円くらいで50万円分をドル転しました。

株ならひたすら買い続けるという戦略で大して考えることがないのですが、為替は生活に直結するため、判断が難しいですね・・・・

ちなみに、5万円未満の購入は何かしらのポイントがたまったときに、タイミングを無視して買ったものです。

金額の規模が少なすぎて、タイミングを見計らう必要性も感じません。

 

2022年の投資プラン

積立投資については、楽天証券の楽天カード積み立てで、「eMAXIS Slim 全世界株式」を月5万円積み立て中です。

2月25日より、マネックス証券でマネックスカードの積み立てが開始されたため、こちらも毎月5万円で「eMAXIS Slim 全世界株式」を積立注文しました。

初回買付は3月になる予定。

よって、積み立て注文は月10万円。

また、マネックスカードによる積み立ては、ポイント還元率1.1%と現時点で大手証券会社の中では最高の還元率なります。

このポイントはCoincheckで仮想通貨に交換可能とのことなので、仮想通貨に交換予定。

※1P=1円

 

その他の投資プランについて。

とりあえずはキャッシュポジションを2年~5年程度で解消し、フルインベストメント状態にしたいと思っています。

そのため、毎月積み立て分とは別に、月30万円~をVTに投資予定。

ただ、暴落するようであれば、積極的に買い増したいです。

また、タイミングを見てNISAで20万円分くらいはレバレッジ型ETF、投信を宝くじ枠として購入する予定です。

NISAの残りの枠は何に使うか未定。

個別株はもう買う気がないので、無難にETFを買うかもしれない・・・・

 

また、米国の利上げ次第では、債券ETFにも投資したいです。

最終的なポートフォリオの形態として、セミリタイア時に、株、債券、金、キャッシュの王道かつ無難なポートフォリオに仕上げたいと思っています。

ただ、私は気分屋なためどうなるかはわかりません。

まあ、10年程度は先のことなので・・・・

 

(4月追記)

長期的なアセットアロケーションは、

現金 0~20%

金 5~20%

債権 10~20%

株 60~80%

くらいで考えてます。

まあ、ざっくりとなんですけどね・・・

資産規模、年齢も上がり、これまでのように株に集中するメリットもないかな、と思っています。

また、最近の円安で、日本円よりドル、金のほうがいいかも、とも思ってます。

米国債権については、今年に入って暴落してますが、利上げの様子を見つつ、そのうち買う予定です。

候補としては、TLT、AGG、TIP、BNDXのETF。

 

私の将来的な資産運用の理想形態としては、レイ・ダリオ氏の「全天候型ポートフォリオ」、「オールシーズンズ・ポートフォリオ」です。

ただ、コモディティがネックになり、難しいかなと思ってます。

コンタンゴの影響でコモディティETFは長期投資に向かないので・・・

コモディティ投資については、まだまだ勉強不足なので、いろいろ勉強したいとも思ってます。

 

ポートフォリオのドローダウン履歴

過去のドローダウン履歴です。

 

2020年の最大ドローダウン

投資歴15年で最高のドローダウン(金額ベース)が2020年コロナショック時の-216万円です。

※含み益140万円 → -216万円までドローダウンした。

 

パーセンテージベースでの過去最大ドローダウンは、仮想通貨のNEMです。

高値240円→4円にドローダウンしました。

約98%のドローダウンです。

ドローダウン中は「ストレスで胃が痛い・・・・」、なんてことは全くなく、至って平静でした。

そもそも仮想通貨自体をそこまで信用していなかったので、大した資金を投下してませんでした。

なお、NEMについてはCoincheckで520億円分ハッキングの被害がありましたが、私もその被害者の一人です。

※520億のハッキングについては当時ニュースになっていたので、覚えてる人も多いかも・・・

以外なことに、このときは夜眠れないくらい不安でした。

-98%のドローダウンは平気なのに、です。

自分でも驚きです。

たぶん、ドローダウンなんて今まで何度も経験して慣れていたものの、ハッキングで資産を失うという全く系統の違う経験だったので不安になったのでしょう・・・・

ストレスの系統が違うから、不安になるのですかね・・・・?

ほぼ資産が無くなったという意味では、-98%のドローダウンもハッキングも一緒なんですけどね・・・

何にしても、いい経験になりました。

たぶん今後は、ハッキングされて資産を失っても平静でいられるかな・・・

まあ、そんな経験もう2度したくないけどね。

最後に、NEM自体はその後に価格が上昇したため損せず利確しました。

NEMについては、これまでの利確の中で、一番印象に残り、いい経験になりました。

 

マンモス
マンモス

さすがにこれを超えるドローダウンは今後経験しないと思います。
だって-98%だよ・・・

 

 

タイトルとURLをコピーしました